→ O

[138] - 2001/09/09 (17:32)

「SHIRASAGI MUSEUM」
「新建築」2011年03月号他掲載


001_convert_20101217213142.jpg

→栃ナビ


個人と地域を繋ぐ道

水田と里山が広がる一角に古くからある集落.その南の端に,その敷地はあった.南北の2本の道に挟まれたその土地で,庭は集落の人びとの南北の道を繋ぐ通路として開かれ続けてきた.30年間続けられてきたこの習慣から,庭は道になった.個人所有の敷地の中を人が自由に通り抜けていく.土地所有の考え方からすれば奇妙な光景ではある.しかし少しの譲歩によって,私有地が公共性を持った姿がここにあり続けていた.

その土地の持ち主は,美術作品の収集を趣味としていた.地元に縁のある作家で自分の琴線にふれた作品をこつこつと集め続けてきた人だ.その人の長年の夢は,これらの作品を地域の人たちに静かに鑑賞してもらう「離れ」をつくることだった.

この「離れ」は,その「道」の上に建てられた.長い時間をかけて踏み固められてきた道をそのままにして,道は建築化された.10坪の展示室と書斎,収蔵庫が,直線と円環状の「道」に貫かれるかたちだ.展示室と書斎の入口は,トンネル状の通路の中央で向かい合う.そこを基点に,展示室側の外壁を「道」に沿ってカーブさせることで,敷地西側へ大きく円を描く「道」へと繋がる.地域や歴史を伝える近代の遺構や材料から,施主の個人的な思い入れのある品々などが,その円環状の「道」に沿って並べられている.周囲の田園風景と共に展示品を鑑賞する円形広場である.

くぐるという行為だけをそのままかたちにしたミニマルな外観の「離れ」と,そこを抜ける幾何学的な「道」の組み合わせ.その構成が地域の公共性に対応する間口の大きさと,小さな一個人の趣味生活というスケールの違いを繋ぐ.そしてさらには周辺の田園風景までへと意識を広げていく.地域に根ざした生活の実感は,単純な動きの中で深まり続けるのである. (押尾章治/新建築201103号)


用  途 : 美術館(個人住宅の離れ)
構造規模 : 木造/地上1階
敷地面積 : 464.80㎡(140.60坪)
延床面積 : 73.00㎡(22.08坪)
住  所 : 宇都宮市下田原町1758-1
設計・監理: 押尾章治+UA東京、宇都宮事務所
施  工  : 成常建設
しらさぎ平立面convert

【展示内容について/美術館から】
展示内容については、栃木県内ゆかりの作家が中心です。(日本画)荒井寛方・島田訥郎、(洋画)矢口 洋・武藤玲子、(益子焼)濱田庄司・佐久間藤太朗、田中正造の書・田中一村などです。大きな公立美術館に有るものと違い、私的作品の良さを出しながら 、日常生活に安らぎを与えることを目指しています。当分の間は毎月2回(第3、4日曜日)のみ会館予定で、それ以外の開館日についてはご相談ください。
しらさぎ美術館)





鳥村鋼一撮影


002_convert_20101217213246.jpg


003_convert_20101217213326.jpg



004_convert_20101217213432.jpg



005_convert_20101217213517.jpg



006_convert_20101217213557.jpg



007_convert_20101217213638.jpg



008_convert_20101217213720.jpg



009_convert_20101217213833.jpg



010_convert_20101217213923.jpg



011_convert_20101217213957.jpg



012_convert_20101217214040.jpg



013_convert_20101217214120.jpg



014_convert_20101217214207.jpg



015_convert_20101217214315.jpg



016_convert_20101217214345.jpg



017_convert_20101217214449.jpg



0171_convert_20101217214953.jpg



018_convert_20101217214523.jpg



019_convert_20101217214616.jpg



020_convert_20101217214704.jpg



021_convert_20101217214745.jpg



022_convert_20101217214852.jpg
















〈以下オープンハウス時お知らせ〉



UA押尾からのお知らせ致します。



宇都宮市にて計画を進めてまいりました住宅の離れが竣工致しました。
施主のご厚意により、オープンハウスを行なう事になりましたので、ご案内致します。
都合が宜しければぜひお立ち寄り頂き、感想などをいただければ幸いです。

名称  :Y邸の離れ(しらさぎ美術館)
日時  :2010年11月20日(土) 10:00~17:00
住所  :宇都宮市下田原町1758-1
交通  :JR宇都宮駅からタクシーで30分程度



この計画では敷地内に、地域の方々が日常的に使える「道」をもうけています。

そして建物自体は、個人住宅の、美術作品鑑賞のための「離れ」として計画し、
その「道」の上につくりました。

トンネル状の「離れ」をくぐることで、地域に根ざした美術作品と地域の人たちの日常的な憩いを
つなげることを意図しています。

しらさぎ美術館とは施主が名付けました。

美術館としては、月に2日程度は開館し、一般の方々にも作品が公開される予定です。
とても小さな建築ですが、北関東方面においでの際は是非ともお立ち寄り下さい。


用  途 : 個人住宅の「離れ」
構造規模 : 木造/地上1階
敷地面積 : 464.80㎡(140.60坪)
延床面積 : 73.00㎡(22.08坪)
設計・監理: UA東京、宇都宮事務所
施  工  : 成常建設


shirasagi_convert_20101115154854.jpg

しらさぎ平立面convert

当日連絡先:028-639-6135(UA宇都宮事務所)



【展示内容について/美術館から】
栃木県内ゆかりの作家を中心に展示します。

日本画「荒井寛方・島田訥郎etc」
洋画「矢口 洋・武藤玲子etc」
益子焼「濱田庄司・佐久間藤太朗etc」
田中正造の書・田中一村など。

大きな公立美術館に有るものと違い、私的作品の良さを出しながら
日常生活に安らぎを与えられれば、ありがたいです。(しらさぎ美術館)




※尚、当日、同じ宇都宮市内で、友人の建築家添田貴之さんの住宅のオープンハウスもあるようです。
宜しければ、そちらもどうぞ。




以上












__



Designed by Design601